気まぐれキッチン 時々 ごはん

夫、子供3人の5人家族。食べる事、作る事が大好きで、何とかして食費を抑えようと日々研究中。節約・時短レシピなどもお届けします。

クレームブリュレ【風】をガスバーナでパリパリ演出♪ レシピ有り(全卵使用)

GWも終わり(今日で終わり?)、今日は母の日。

朝から雨で特に予定も無く、今日は母の日だから、

ゆっくりさせてもらおうかなぁ~

なんて思ってたら、退屈すぎる子供達が、

遊んでー   だの、

何かしよー  だの。。

 

母の日なのにっ!!全然ゆっくりなんてできん~!!

そんなオーラを感じ取ったのか、

夫がよ~く子供達と遊んでくれました~^^;(アリガトウ)

 

その間に、私はというと、、、

やっぱりいちばん落ち着くのが 台所

今日は前から買っていて、使っていなかったガスバーナーを出してきて、

あるものを作ってみました^^

このガスバーナー、これを作りたいが為に買ったと言っても、

過言ではないっ!!

 

という事は、これを作るために、買われた物 アハハハ 笑

どんどん使わなくっちゃーー!!!

 

ドンっ!!!

クレームブリュレ(風)を作りました。

f:id:lunocai:20160510122608j:plain

プリン(みたい)だけど、プリンじゃない~!!

クレームブリュレはどのレシピを見ても、

卵黄のみで作っている物が多くて、

そりゃ~濃厚で美味しいかもだけど、

残りの卵白の消費に困る人も多いのでは??

と思い、今回は全卵で作る クリームブリュレ 【風】のレシピを、

自分なりに作りやすい分量にアレンジしてみたので、

後ほど紹介したいと思います。

 

クレームブリュレとは

Crème brûléeは、日本で食べるカスタードプリンと似たフランスのデザートで、表面をグリルやバーナーで焦がした、パリパリとしたカラメルを割れば、中にはしっとりカスタードクリーム。生クリームを使うので濃厚な味わいに仕上がる。
ームブリュレと呼ばれることもあるけど、正しくは、クームブリュレである。

ガズバーナー使用!!クレームブリュレの作り方

【材料】

卵                                                3個
砂糖                                             60g
牛乳                                             200ml
生クリーム                                  200ml
バニラエッセンス                  5・6滴
グラニュー糖(仕上げ用)          適宜

 
【作り方】

1.ボールに卵を割りほぐして、砂糖を入れて混ぜます。
その時、卵をほぐす感じで混ぜ合わせます。

2.1に牛乳、生クリームを少しずつ入れて、その都度混ぜ合わせます。

3.バニラエッセンスを入れて混ぜて茶こし等のこし器でこします。

4.ココット等の型に流し入れ、アルミ箔でしっかり覆い、
150℃のオーブンで25~30分湯煎焼きをします。

湯煎焼き・・・ 天板に容器の1/3の高さまでお湯を張るか、もしくは天板が浅い場合は、小さめの耐熱容器にお湯を入れてオーブン内に配置します。

5.表面に膜が張り、ゆらすとぷるぷる震えるくらいになれば、
粗熱を取って冷蔵庫で冷やします。

f:id:lunocai:20160515105910j:plain

6.表面にグラニュー糖をかけて、バーナーで焼き色が付くまで焼き、
再び冷蔵庫に入れて冷やします。

 f:id:lunocai:20160510122000j:plain

 

※容器の大きさで焼く時間が異なるので、↑の時間を目安に、
気になれば竹串を刺すなどして様子を見て下さい。 

 

バーナーなしでも作れる

熱したスプーンで焦がす

捨てるのを覚悟で、スプーンの背をガスの火で十分に熱して、
赤く色づいたスプーンをグラニュー糖をまぶした表面に、
ジュっと押しあてる作業を繰り返す。

グリルで焼く

カスタードの上にグラニュー糖を均等にまぶしてグリルで焼く。
IHだとちょっと時間がかかるかも。

フライパンでカラメルソースを作る

フライパンでカラメルソースを作って、

カスタードの上にかける。

 

 

フランス映画の『アメリ』でも出てきたクレームブリュレ。
自宅で作って、パリパリの表面を割ってみてはどうでしょうか^^
割と簡単に作れますよ。