気まぐれキッチン 時々 ごはん

夫、子供3人の5人家族。食べる事、作る事が大好きで、何とかして食費を抑えようと日々研究中。節約・時短レシピなどもお届けします。

第10回ウィズガス主催 親子クッキングコンテスト地区実技予選会~鹿児島県~

f:id:lunocai:20161019120025j:plain

ダンボールに、クーラーボックス、大きなバッグを積んで、

朝8時に出発し、高速を利用して1時間半かけて会場に到着しました。


f:id:lunocai:20161019104839j:plain 

入り口にはこちらの看板が置かれてあり、

開放感あふれるガラス張りの会場。

緊張が高まらないわけがありません。

スーツ姿でビシっとキメた方々(この時は誰かも全く分からず)に迎えられ、

丁寧に挨拶されて、受付を済ませました。

 

1テーブルに1人のスタッフの方が付いてくださり、

またそのスタッフがすごく親切で優しくて(可愛くて)、

私達、恵まれていました。笑

調理開始前に集合して、意気込みを言った後、

調理前準備をしても良いので、少しでも調理時間中の負担を減らそうと、

必死で準備しました。

 

初めてだと分からない、どこまでの準備までならOKなのか、、

を詳しく教えてもらい、着々と準備を済ませました。

 

野菜の準備も、洗って大まかな大きさまでのカット。はOK。

(千切り、みじん切りは☓。)

ご飯、米を水に浸しておく。はOK ←って事は、

米を洗うのはOKって事です。

合わせ調味料を作っておくのは☓だけど、

調味料を単品で計量しておくのはOK。等々 。

 

そして、いよいよ調理開始!!

 

スタート!!

 

f:id:lunocai:20161019130539j:plain

の司会者の方の掛け声とともに始まりました。

今回、最年少の1年生の娘(次女)とペアで頑張りました。

とりあえず、いつものように、楽しく料理ができたら良い!!

そう思いながら、なんとか時間ギリギリに無事終了しました。

最初っから緊張しっぱなしで、レシピも飛びまくり。

娘の方が落ち着いてました。

 

終わってから娘に、

『ねぇ~、ママ。◯◯トッピングするの忘れてない?』

『◯◯入れるの忘れてたよね。』

なんて言われて、やっぱり私テンパってたんだと実感^^;

『もう終わってしまったから仕方ないね~』

としか言いようがありませんでした。

 

ちなみに、今回応募総数が277組⇨6組

でも、本日1組がお休みで5組での挑戦でした。

 

しかも!!

 

我が家以外の親子は皆、予選会経験者ばかり!!

今回2回目とか6回目、、とか、、!!

凄い実力者の親子でした。

 

f:id:lunocai:20161019130729j:plain

試食会もありましたが、どれもこれも美味しい!!

流石です。勉強になりました。

試食会で皆さんとお話させて頂いたけど、

皆さん気さくな人達ばかり。

 

来年、クッキングコンテストが無くても、

このメンバーでまた再会したいなとも思いました^^

 

f:id:lunocai:20161019130821j:plain

今日は、テレビ局4局、審査員の方々がテーブルを回られて、、

そんなプレッシャーの中、娘もやり遂げてくれて、

本当にホッとしました。

結果、入賞には至りませんでしたが、

あったか家族賞 を頂きました。

それぞれ親子に素敵な賞を準備してくださっていました。

 

f:id:lunocai:20161019114545j:plain

こうやって料理を通して、親子の絆がこんなにも深まるなんて、、

本当に素敵な体験をさせて頂きました。

緊張しすぎたけど、楽しかった!!

また来年も、ご縁があれば、ぜひ応募したいと思います。

 

f:id:lunocai:20161019130922j:plain

一緒に付き合ってくれたパパ、カメラマンどうもありがとう!!

そして、スタッフや関係者の方々、応援して下さった皆さん~、

本当にどうもありがとうございました~!!

 

f:id:lunocai:20161019131624j:plain

 

 

【追記】H28.10.25

後日、参加賞(応募者全員)として、500円の図書カードが届きました。

あと、テレビ放送日のお知らせも添付されていました。

 

f:id:lunocai:20161025134619j:plain

 

 【追記】H28.10.26

そして、更に翌日、集合写真と共に、

スタッフの方が撮って下さっていた写真のデータを頂きました。

f:id:lunocai:20161026111629j:plain

なんだか、スタッフの方々の暖かさを感じるお届けでした。

ほんとうにありがとうございました。